BLOG

グルテンフリーで一番辛いのは、やっぱり「パン断ち」でした。

そこで米粉のパンケーキにトライしたものの「膨らまない」「冷めたら固くなる」「パサパサして美味しくない」など様々な問題が発生してしまいました。

おまけに牛乳も体に悪い事が分かってきて、ほとんど絶望かと思ったことも・・・。

そんな試行錯誤の末にたどり着いた、もちもちでふわふわなパンケーキの簡単レシピを紹介したいと思います。

やっぱり膨らまない?

まず米粉のパンケーキが十分に膨らまない場合は、ベーキングパウダーの量を「若干」増やします。

ただ、ベーキングパウダーの量を増やすと「苦味」が出てしまうかもしれません。
苦味が出てしまう時は、ベーキングパウダーと同量のレモン果汁や酢などの「酸」を入れれば大丈夫です。

牛乳をヨーグルトに変えるという方法も有効で、しっとりしつつも良い感じに膨らみます。
この場合はヨーグルトに酸味があるので、レモンや酢を付け足す必要はありません。

ちなみに筆者おススメのベーキングパウダーは「ラムフォード」です。

created by Rinker
ラムフォード
¥680 (2021/12/05 04:41:40時点 Amazon調べ-詳細)

アルミニウムフリーで、よく膨らむベーキングパウダーだと思います。

乳製品を入れないとパサパサ?

小麦を米粉に変えるのは成功しても、牛乳やヨーグルトを省いたら、こんどは急にパサパサになったり、固くなってしまいます。

乳製品を入れずに しっとり仕上げるには「お豆腐」を入れると良いです。

お豆腐を入れたパンケーキは、フワフワなのにしっとりした仕上がりになります。

お豆腐にも水分があるので、固さを見ながら少しづつ「水」を付け足していきます。
すると冷めてもパサパサになったり、固くならない「しっとり」パンケーキになるんです。

しっとり、かつパンパンに膨らむ!

ふわふわに膨らんで、おまけに冷めてもしっとりしているなら、もう理想のパンケーキという感じですよね。

ところが、さらに「みりん」を加える事で、きめ細かい膨らみを実現する事ができます。

みりんを加えたパンケーキの仕上がりは、ほとんどパウンドケーキのようです♪
ナチュラルな感じの甘さは、ガツンとした砂糖の甘さとはちょっと違って、大人っぽい味わいになります。

みりんを入れると表面が焦げやすくなるので、火加減はやや弱めの火力で、多めの時間をかけて焼き上げる方が良いかもしれません。

created by Rinker
波里
¥392 (2021/12/05 04:41:41時点 Amazon調べ-詳細)
コメントは利用できません。