BLOG

グルテンフリーを始めてからすごくお腹の調子が良く、こうなると ますます小麦を撤廃したい気分になってきます。

ところが我が家の好物である「餃子」に関しては、かなり苦戦を強いられています(^_^;)
というのは、米粉の餃子の皮は、なかなか手に入らないからです。
ネットショップで買いたくても、ちょっと手が出ないくらい高額だったりします。

そこで筆者がたどり着いたアレンジで実現した「グルテンフリー餃子」のレシピを紹介したいと思います。

だいこん餃子

このレシピはチョットしたブームなの!?と思うくらい、インスタを見てもいっぱい写真が出てきます。


作り方は、普通の餃子の皮の部分を大根にすげ替えるだけです。

大根は3mmの輪切りにし、扱いやすいように塩をふりかけて「しんなり」させておきます。
そして大根の水気をふいて、餃子のタネを置き、2つ折りするようにくるんだら焼きます。

皮で包む手間が省けるし、アッサリしていてヘルシー・メニューという感じになります。

これはこれで、新たな餃子メニューとしてアリだとは思いました。

なす餃子

なす餃子は同じく皮を野菜で代用したアイデアですが、大根餃子よりこってりしていて、また全然違ったアレンジメニューです。


作り方も大根餃子に近い感じですが、なすの場合は形状の違いから、一つひとつが大きく仕上がります。

餃子と呼ぶにはかなり「大振り」なサイズで、食べごたえもガッツリという感じです。

ライスペーパー餃子に決まり!

大根餃子やナス餃子は、アイデアとしては面白いと思いました。
ただ、ちょっと一つひとつのサイズが大きくて、すぐにお腹いっぱいになってしまう感じです。

あの、ビールを飲みながらチビチビ・・・という「つまみ」要素が無くなってしまうのが残念でした。

ところが餃子の皮でお困りの人はけっこう多いのか、さらに斬新なレシピも考案されていました(゚o゚;

それは、ライスペーパーで餃子を包んでしまうという方法です。

ライスペーパーなら簡単に手に入るし、日持ちするので常備しておけます。

サイズも簡単に変更できるので、棒餃子から一口餃子など、アレンジも自由自在という感じです。
お料理の手間も、餃子の皮を包むよりずっと簡単です。

おまけにお酒の「つまみ」としては、むしろ餃子の更に上を行く存在になりました♪

これはもう、もし餃子の皮へ戻る事は無さそうな予感がしています。

コメントは利用できません。