BLOG

発芽玄米の作り方は、専用の道具も、面倒な手間も、特別な環境もいりません。
とても簡単です。

事前に用意するものは、ザルとボウルと、あとはもちろん玄米だけです。
手順もシンプルで、

①玄米を洗う
②ザルにあけて水を切る
③ザルごとボウルの水に浸して放置する
④芽が出たらザルから上げて、あとは炊くだけ!

えっ、それだけ?と思うほど、発芽玄米の作り方って簡単ですよね。

だんだん習慣になってくると、もっと自分に合った作り方が見つかるかもしれませんが、まずはこの超簡単な方法を試してみましょう。

発芽に必要なのは水+酸素、あとは“待つ”だけ。

玄米を買ってきたら、軽く洗います。
埃やごみなどを洗い流す程度でいいです。

洗ったらザルにあけ、ザルごとボールに入れます。
玄米が十分に浸るくらいの水、又はぬるま湯を注ぎます。

なぜザルを使うのかというと、ボールにそのまま玄米を入れるより、水や酸素がまんべんなく行き渡るので、均一に発芽しやすくなります。

玄米が発芽するのに必要なのは水と酸素だけです。

あとは、玄米の発芽する力にまかせて、待つのみなんですね。

冬だと だいたい2~3日、夏は半日~1日で発芽します。
ただ、夏場など匂いや雑菌の繁殖が気になるときは、途中で1、2回水を替えたり、2日目から冷蔵庫に入れれば大丈夫です。

どうなれば発芽状態?発芽した後の保存方法は?

ところで、どんな風になれば発芽玄米は完成なのでしょう?

だいたい0.5~1ミリくらい芽が出ればOKです。
全ての粒が発芽している必要はありません。

これで、自家製の発芽玄米の出来上がりです!

発芽玄米ができたら、水から上げましょう。
このとき、発芽が進行しすぎると まずくなるし、栄養価も減ってしまうので要注意です。

発芽玄米を炊いてみる

では、いよいよ炊飯器で炊いてみましょう♪

手作りの発芽玄米は 水分をたっぷり含んでいるので、白米と同じ水の量で炊けます。

すぐに炊かない場合は、タッパなどに入れて冷蔵庫で保管してください。
一週間くらい保ちます。

手作りの発芽玄米が続けられない理由

ただ、この基本的な作り方は、ちょっと不便なところがあります。

確かに手間はかかりませんが、出来上がるタイミングがはっきりわからないのが難点です。
なぜかというと、発芽の速度は気温に左右されるからです。
つまり、暑い日は早く出来て、寒い日は時間がかかる。

となると、計画的に作れないし、外出していたら発芽しすぎて、もやし状態になっていた!なんていう事も…。

特に冬場など、3日前に仕込まなければなりませんから、ちょっと煩わしいですよね。

これが、手作りの発芽玄米があまり続かない理由です。

待つのが面倒!失敗したくないなら?

作り方は簡単なのに、出来あがりが不規則だから諦める…。
それも、ちょっと惜しいですよね。

何とか発芽玄米を購入せずに作る方法はないのでしょうか?

じつは、“発芽玄米炊飯器”というのがあるんです。
炊飯器といっても「発芽玄米が炊ける炊飯器」というだけのものではありません。
玄米を計画的に短い時間で発芽させることが出来るんです。

どうして、それが可能なんでしょうか?

玄米が発芽するまでの時間は、気温に左右されるという話をしましたが、発芽玄米炊飯器は、お釜の中の温度をコントロールします。

玄米が発芽するのに最適な温度というのがあって、その温度をずっとキープできるから、計画的に短時間で発芽させる事が出来るんです。

発芽までにかかる時間は、夏が4時間冬は6時間です。

さらに、発芽→炊飯→保温まで全自動でやってくれます。

こうなると、手間も、コストも白米と変わらないですよね。
それでいて、おいしくて栄養価のUPしたお米を、毎日食べられます。
なんといっても主食は健康への影響が大きいですし、継続して初めて効果が得られるものです。
無理のない方法を選ぶのが、賢い選択かもしれませんね。

発芽玄米には不向きな玄米もある?玄米の選び方

玄米を購入するときは、“天日干し”と表示のあるものを選ぶのがベストです。

なぜかというと、玄米の中には機械で高温乾燥され、その熱で発芽する力が無くなってしまったものがあるんです。

ただ、“天日干し”の表示が無いものは全て発芽しないという訳ではありません。
試しに少量で購入して、実際に発芽実験してみるのが確実ですね。





コメントは利用できません。